観る

【傾城森】まるで双子のような山。吊り橋を渡り、伝説を散策。:横川と白石川の合流点にある、傾城森と山伏森。この山には京都祇園の名鼓と、山伏の悲恋の伝説が語りつがれています。今から300年ほど昔のある冬の日暮れ。人目を避けるようにして、修験者風の男と気品の漂う美女がこの付近にたどりつきました。男は修行中の山伏、女は傾城の誉れ高い京都祇園の芸妓。自由のない芸妓と、厳しい掟に縛られた山伏との恋は世間に認められるはずもなく、二人は手に手を取って京都を逃げるしかありませんでした。不安に満ちた長旅の末、ようやくこの地にたどりついたのも束の間、追手に追い詰められて白石川の渕に身を投げたのです。その後、誰いうとなく「傾城森・山伏森」の名前がついたということです。また、二人が入水したあたりは地獄渕と呼ばれるようになり、芸妓の侍婢も、後を追ったため、東にある小さな岩山を侍婢山といいます。ここは、春のつつじ・秋の紅葉が特に美しく、遊歩道も整備されています。駐車場から吊り橋を渡ると約20分で頂上。西に七ヶ宿の町並み、東に七ヶ宿ダム、北に蔵王連邦不忘山を望むことができます。

まるで双子のような山。吊り橋を渡り、伝説を散策。

 横川と白石川の合流点にある、傾城森と山伏森。この山には京都祇園の名鼓と、山伏の悲恋の伝説が語りつがれています。
 今から300年ほど昔のある冬の日暮れ。人目を避けるようにして、修験者風の男と気品の漂う美女がこの付近にたどりつきました。男は修行中の山伏、女は傾城の誉れ高い京都祇園の芸妓。自由のない芸妓と、厳しい掟に縛られた山伏との恋は世間に認められるはずもなく、二人は手に手を取って京都を逃げるしかありませんでした。不安に満ちた長旅の末、ようやくこの地にたどりついたのも束の間、追手に追い詰められて白石川の渕に身を投げたのです。
 その後、誰いうとなく「傾城森・山伏森」の名前がついたということです。また、二人が入水したあたりは地獄渕と呼ばれるようになり、芸妓の侍婢も、後を追ったため、東にある小さな岩山を侍婢山といいます。
 ここは、春のつつじ・秋の紅葉が特に美しく、遊歩道も整備されています。駐車場から吊り橋を渡ると約20分で頂上。西に七ヶ宿の町並み、東に七ヶ宿ダム、北に蔵王連邦不忘山を望むことができます。
ページ上部へ移動