木造住宅耐震診断・改修工事助成事業

 昭和56年5月31日以前に建築された木造戸建て住宅について、耐震診断・耐震改修の助成事業を行っております。農林建設課に申請することで費用の一部が助成されます。

 

木造住宅の耐震性

 昭和56(1981)年6月1日に建築基準法施行令の耐震関係基準が大幅に改正したことにより、それ以前の基準(旧耐震基準)により建てられた住宅は、十分な耐震性がない場合が多いと考えられます。お住まいの住宅の耐震性を計るためには、「耐震診断」を行って、詳しく計算する必要があります。

 

木造住宅の耐震診断

 耐震診断をするためには、お住まいの住宅を専門の「耐震診断士」が調査して、地震に対する強さを判定します。
通常の耐震診断費用は、15万円前後ですが、町に耐震診断を申し込むと、その費用の一部が助成されます。その場合、お客様の負担が、8,400円~39,800円まで軽減されますので、診断前に農林建設課へご相談ください。

 参考:木造住宅耐震診断士

 

※令和3年度の事業の受付は終了しました。

 

木造住宅の耐震改修

 耐震診断により「住宅の倒壊のおそれがある」と結果が出た場合、みなさまの大切な命を守るため、耐震改修工事をおすすめしています。
 町では、耐震改修工事を行う場合もその費用を一部助成していますので、改修前にも農林建設課へご相談ください。

 参考:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。みやぎ木造住宅耐震改修施工技術者について(外部サイト) 

 

 助成金額

 ・耐震改修工事のみを行う場合:補助対象経費の6分の1(補助限度額150,000円)

 ・耐震改修工事と10万円以上のリフォーム工事を行う場合:補助対象経費の18分の5(補助限度額250,000円)

申請方法と事業の流れ

事業の流れ2.jpg

お問い合わせ/農林建設課(建設土木係)電話:0224-37-2115

このページの先頭へ