定住のススメ|宮城県七ヶ宿町

水と緑の美しいふるさと七ヶ宿町

七ヶ宿町地図

七ヶ宿町は、宮城県の最南西部に位置し、山形・福島の両県と接しています。森林に囲まれた原風景がここにはあります。仙台市・山形市・福島市まで車で約1時間と意外と近いです。

交通アクセス

移住した方の声 移住した方の声

ようやく叶った田舎暮らし
ようやく叶った田舎暮らし

岡崎晋也さん・麻美子さん・よつばさん・つばめさん・いるかさん

  • 移住年/2019年
  • 仕事/道路維持作業員/役場任用職員
移住を決めた理由
移住前は埼玉県に住んでいましたが私達夫婦ともに「田舎に住みたい」という気持ちがあり、夏休みにお試し住宅を利用して町の雰囲気を感じたことから始まり、その後夫の仕事や住む場所もとんとん拍子に決まり、まるでここに呼ばれていたように移住してきました。
本当に自然があふれていて、何よりスキー場まで車で10分!がとっても嬉しいです。ウィンタースポーツ満喫してます。この写真は「傾城森(けいせいもり)」という1時間ぐらいで楽しめる小さな山なので休みの日に子ども達と行って自然のパワーをもらってきています。
移住を決めた理由
町全体が家族みたい
子どもが3人いるのですが、小学生の長女は転校当初、環境の変化もあり体調が優れないこともありましたが、徐々に「七ヶ宿楽しい」「全校児童と友達なんだよ」とよく笑うようになったり、行動的になったりと嬉しい変化ばかりです。
私達が住んでいる湯原地区は山形県の高畠町まで車で15分。隣の市の白石市(宮城県)に行くより近いんです。近隣市町は商業施設も充実しているので不便さを感じないです。湯原地区は自分たちの地域をより良くしようと行動的な方が多く、すぐに溶け込むことができました。子ども達を本当の孫のように可愛がってくれたり、野菜をもらったり、私もお母さんが沢山できました。
町全体が家族みたい
町のPRに力を入れたい!
宮城県内でも七ヶ宿は認知度が低いように感じます。なので町のPRに力を入れていきたいと思い、今はYouTube配信をしてみたり、地元の方や移住してきた方、町役場の方と協力しながらより良い町にするために自分たちができることは何かを試行錯誤しています。移住してきたからこそ「これって都会にはない宝の山だよ」と気づくことも多いですね。
小さい町だからこそ“人との繋がり”はとても大切で、地域のお祭りや草取り、町のイベントにも積極的に参加して色んな人との交流を楽しんでいます。これから移住してくる方にも七ヶ宿を好きになって田舎暮らしを満喫して欲しいですし、移住に不安もあると思いますので、そういった方に寄り添ったサポートもできたらいいなと思っています。
町のPRに力を入れたい!
お問い合わせ