お子さんが生まれたら

出生届

【届出期間】

  • 子どもが生まれた日から14日以内

【必要なもの】

  • 出生届書(医師等の出生証明書のあるもの)・母子手帳

 ※児童手当、子ども医療費等受給のための申請手続きがあります。

出生祝金

出産祝い金

町内在住6か月~1年未満の方が子どもを出生したとき、祝意を表し10,000円分の七ヶ宿町商品券を支給します。子育て応援支援金対象外の方が対象となります。
(第1子10,000円 第2子20,000円 第3子以降30,000円)

子育て応援支援金

基準日(※1)より1年以上町内に在住し、定住される見込みの方に下の表のように支援金を支給します。

子育て応援支援金支給額 第1子 第2子 第3子以降
出生時 100,000円 150,000円 200,000円
小学校入学時 50,000円 100,000円 150,000円
中学校入学時 50,000円 100,000円 150,000円
高校入学時 100,000円 150,000円 200,000円
総額 300,000円 500,000円 700,000円

(※1)出生時は出生日が基準日、そのほかは学校に入学される年の4月1日が基準日となります。

子育て応援給付金

子育てにかかる費用の負担軽減を目的として、出産時に新生児一人当たり50,000円を支給します。新生児訪問でご自宅にお伺いした際に申請書をお渡しします。

出産育児一時金

町では、健康保険法等に基づき国民健康保険の被保険者またはその被扶養者が出産したとき、出産育児一時金を支給します。(妊娠12週(85日)以上の死産、流産も含む)

【支給額】

出生児1人につき500,000円

児童手当

【支給対象者】

国内に居住されている0歳から中学校修了前までの児童を養育している方。
子どもが生まれたり、前住所で受給していて当町に転入された方は、町民税務課で認定請求の手続きをしてください。※公務員の方は職場

【手続き】

お子様の出生または、町内への転入等により新たに受給資格が生じた場合には、15日以内に申請してください。
※申請した翌月分からの支給となります。

児童の年齢 児童手当の額(1人当たり月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円
※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

子どもの医療費助成

18歳まで医療費が無料です。

産前・産後の国民年金保険料の免除

第1号被保険者が妊娠した場合、出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。
多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
出産後も届け出をすることができます。

お問い合わせ/町民税務課(町民係)電話:0224-37-2114

 

 

新生児聴覚検査

出産した医療機関で、出生後2~3日あたりに検査を行います。この検査は、眠っているあかちゃんに小さな音をきかせ反応を調べる検査です。あかちゃんにお薬を飲ませたり痛みを伴うことはなく、安全に短時間で検査を受けることができます。
この検査により、あかちゃんの聞こえづらさは生まれてすぐに分かることが多くなり、早い時期から支援が開始されます。
検査を受ける際は、母子健康手帳別冊に綴られている受診券兼助成券を忘れずに持参してください。
県外の医療機関では、受診券兼助成券が使用できません。償還払い制度がありますので、母子手帳、領収書・明細書を持参して健康福祉課までお越しください。

七ケ宿町新生児聴覚検査費助成金申請書兼請求書.rtf

【助成額】

助成額:10,000円(上限額)

産婦一般健康診査

産前産後は、妊娠・出産・育児により、身体も心も生活も大きく変化します。精神的にも不安定になりやすい産後間もないお母さんのこころとからだの健康保持や産後うつ病の予防等、出産後の切れ目ない支援のため、産婦健康診査の費用を助成します。
健診を受ける際は、母子健康手帳別冊に綴られている受診券兼助成券を忘れずに持参してください。
県外の医療機関では、受診券兼助成券が使用できません。償還払い制度がありますので、母子手帳、領収書・明細書を持参して健康福祉課までお越しください。

七ケ宿町産婦一般健康診査費用助成金交付申請書.rtf

【助成額】

助成額:5,000円(上限額)

産後ケア事業

あかちゃんと会える楽しみも、不安もある出産。産後は、こころもからだも不安定になりやすい時期です。 町では、産後のお母さんのこころとからだの元気を応援するために、産後ケア事業を実施しています。日帰りや宿泊、自宅に来てもらって、助産師から直接ケアを受けることができます。

七ケ宿町産後ケア事業利用申請書.rtf

【対象者】

七ヶ宿町に住所がある方で、産後1年未満のお母さんとあかちゃん ※きょうだいの利用はできません

【ケアの内容】

お母さんのこころとからだのケア、おっぱいの手入れ、育児や授乳の相談、あかちゃんの発育の確認等

【場所】

スズキ記念病院 住所:岩沼市里の杜3丁目5-5

【利用料金】

利用料金:無料

子育て助成金

子育て家庭の経済的負担を軽減するために、お子さんの1か月児健診費及び満3歳までの紙おむつ代を助成します。

子育て助成金申請書.rtf

■ 1か月児健診費助成

【助成額】

助成額:5,000円(上限額)

【必要なもの】

母子健康手帳、領収書・明細書

■ 紙おむつ費用助成

【助成額】

助成額:月2,000円(上限額)

新生児訪問(あかちゃん訪問)

あかちゃんが生まれた全てのご家庭に保健師が訪問し、お子さんの発育やお母さんの体調、授乳方法、育児などの相談に応じます。おおむね生後4か月までのあかちゃんがいる家庭が対象です。
あかちゃんが生まれたら「母子健康手帳別冊」に入っている「出生連絡票」(はがき)に必要事項を記入の上、63円切手を貼って投函するか、出生届のときに町民税務課または健康福祉課に提出してください。

すくすく見守り隊

「七ヶ宿での出産と子育てを応援したい!」そんな想いをきっかけに、まちのお母さんたちが集まって、すくすく見守り隊が結成されました。「どうやったらおめでとうの気持ちが伝わるかな」「何があったら喜んでもらえるかな」等、隊員のみんなが一生懸命考えて活動しています。
現在は、妊婦さん・産婦さん・あかちゃんに、妊娠が分かった時と出産後にプレゼントをお渡ししています。すくすく見守り隊の想いがたっくさん詰まったプレゼントです。お楽しみに!

おしゃべり会

保育所に入る前のお子さんとお母さんの交流会です。まだ首が座っていないあかちゃんやハイハイをしてたくさん運動するあかちゃん、手を上手に使っておもちゃで遊ぶあかちゃんなど、にぎやかに楽しんでいます。お母さんたちは、お子さんの話やご自身のこと等、話題が尽きず楽しそうに談笑しています。
参加は自由です。妊婦さんも参加できます。

【令和5年度開催日】

毎週第3水曜日 午前10時~正午

4月19日、5月24日、6月21日、7月19日、8月23日、9月20日、10月18日、11月15日、12月20日、令和6年1月17日、令和6年2月21日、令和6年3月13日

お問い合わせ/健康福祉課電話:0224-37-2331

このページの先頭へ