○七ケ宿町営業継続等支援金支給要綱

令和2年5月15日

告示第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として休業要請を行った令和2年4月25日から同年5月6日までの間(以下「休業要請期間」という。)に、住民生活に密着し、生活に欠かせない事業として通常営業を行った事業者、又は催事等の中止により事業に支障を来した事業者に対し、営業継続等支援金(以下「支援金」という。)を支給することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(支給対象者及び支給額)

第2条 支援金の支給対象者は、令和2年4月1日において、町内に住所を有する、又は町内に事業所を有する事業者であって町税等に滞納がなく、次の各号に掲げる要件のいずれかに該当する事業者とする。

(1) 住民の日常生活に密接する事業(食料品、交通、医療、理美容、福祉等)を行う事業者であって、休業要請期間中において通常営業を行った者

(2) 休業要請期間中において、町が主催、又は町に協力要請等があった催事等の中止により売上が減少した法人格を持たない事業者。ただし、国、宮城県及び町の給付金等の支給対象となる者は除く。

2 支援金の支給額は、次のとおりとする。

(1) 個人事業者 50,000円

(2) 法人事業者 100,000円

(支援金の支給申請)

第3条 支援金の支給を受けようとする者は、七ケ宿町営業継続等支援金支給申請書(様式第1号)により、次に掲げる書類を添えて、七ケ宿町商工会長(以下「商工会長」という。)に申請しなければならない。

(1) 前条第1項各号に掲げる要件に該当することが確認できる書類の写し

(2) 誓約書(様式第2号)

(3) その他町長が必要と認める書類

2 商工会長は、前項の規定に基づき申請のあった場合は、七ケ宿町営業継続等支援金に係る補助金支給申請書(様式第3号)に、前項の規定により提出された書類の写しを添えて町長へ提出するものとする。

3 第1項の申請は、令和2年6月30日までに、前項の申請は同年7月31日までに行わなければならない。

(支給決定及び支給)

第4条 町長は、前条の規定に基づき申請のあった場合は、その内容等を審査し、適正と認めたときは、商工会長へ支援金を支給するものとする。

2 商工会長は、前項の支援金を受領後、速やかに申請者に支給するものとする。

(支援金の返還)

第5条 町長は、第2条に該当して支援金の支給を受けた者が、偽りその他不正行為により支援金を受けたときは、支援金の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像画像

七ケ宿町営業継続等支援金支給要綱

令和2年5月15日 告示第6号

(令和2年5月15日施行)